母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (2018)


母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (2018)

それくらい、愛してる。

母が遺した“愛のかたち”に涙する!感動の実話。


題名:母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
ジャンル:ドラマ
作品時間:108分
製作年:2018年
製作国:日本
映倫:G

[IMDb] 評価:―
[Rotten Tomatoes] 評価:― METER:― SCORE:―
[Yahoo!] 評価:3.43/5
[映画.com] 評価:3.3/5
[Movie Walker] 評価:4.0/5

監督:大森立嗣
出演・声の出演:安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司 他




2019年2月22日公開の映画:母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

解説:WEBマガジン「くらげバンチ」で連載された原作者の宮川サトシの実体験をつづったエッセイ漫画を実写映画化。がんを告知された母と息子が過ごした日々と、その後の物語を描く。主人公は『愛しのアイリーン』などの安田顕、母親を『あやしい彼女』などの倍賞美津子が演じるほか、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司らが共演。監督を務めるのは『日日是好日』などの大森立嗣。

ストーリー:2012年春。30代後半の宮川サトシ(安田顕)は、母・明子(倍賞美津子)と永遠に別れる日が来るとは思ってもいなかった。子供の頃から病気がちで泣き虫でお調子モノだったサトシは、いつも優しくパワフルな母に救われてきた。そんな母が突然、胃癌を告知されたのは2年前のことだった。「俺がいるから大丈夫だよ、お袋は必ず助かるから」それまで母が自分にかけてくれていた言葉を、今度はサトシがかける番だった。百度参り、修行僧の様な滝行、国産野菜のジュース作りなど、恋人の真里(松下奈緒)に支えられながら、サトシは母のために奔走する……。母と別れて1年後。すっかり生きる気力を失っていた父・利明(石橋蓮司)と兄・祐一(村上淳)も新たな人生へ向かおうとしていた。そんなある日、サトシのもとに突然、母からプレゼントが届く。それは、想像をはるかに超えた驚くべき“スペシャルな贈り物”だった……。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。オフィシャルサイト
http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。楽天市場で検索




母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。をAmazonで検索

君の歌はワルツ


母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(新装版)




母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

配信されているかどうかは、動画配信サービスにより異なり、また、時期により変更されます。
 最新の配信状況はそれぞれの動画配信サービスのサイトでご確認ください。

【U-NEXT】 【Hulu】 【dTV】 【FOD/フジテレビオンデマンド】 【auビデオパス】 【DMM見放題chライト】 【ニコニコ動画】 【dアニメストア】 【TSUTAYA TV】

※動画配信サービス選びに迷っている方、又は観たい映画やドラマ・アニメが
・リンク切れになっている。
・ダウンロードしたい。  
・高画質で鑑賞したい。  
・最新作が鑑賞したい。  

という方は、是非こちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆☆☆ Movieファン ☆☆☆
動画配信サービスをいろいろな内容で比較

をご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト



最新・更新記事サムネイル