メアリーの総て (2017)


メアリーの総て (2017)

「フランケンシュタイン」の著者。
メアリー・シェリー、18歳。

「不幸」に抱かれ、
「死」に口づけられ、
世紀の傑作を産んだ。


題名:メアリーの総て/MARY SHELLEY
ジャンル:ドラマ伝記
作品時間:121分
製作年:2017年
製作国:イギリス/ルクセンブルク/アメリカ
映倫:PG12

[IMDb] 評価:6.4/10
[Rotten Tomatoes] 評価:5.4/10 METER:40% SCORE:47%
[Yahoo!] 評価:3.83/5
[映画.com] 評価:3.6/5
[Movie Walker] 評価:4.0/5

監督:ハイファ・アル=マンスール
出演・声の出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーヴン・ディレイン、ジョアンヌ・フロガット、ベン・ハーディ、メイジー・ウィリアムズ、ベル・パウリー、トム・スターリッジ 他




2018年12月15日公開の映画:メアリーの総て/MARY SHELLEY

解説:小説「フランケンシュタイン」の原作者メアリー・シェリーの半生を、『SOMEWHERE』などのエル・ファニング主演で映画化。詩人と駆け落ちした後さまざまな悲劇に見舞われたメアリーが、失意の中で傑作を生み出す。『ゴッホ 最期の手紙』などのダグラス・ブース、『パイレーツ・ロック』などのトム・スターリッジらが共演。『少女は自転車にのって』などのハイファ・アル=マンスールがメガホンを取った。

ストーリー:19世紀、イギリス。小説家を夢見るメアリー(エル・ファニング)は、折り合いの悪い継母と離れ、父の友人のもとで暮らし始める。ある日、屋敷で読書会が開かれ、メアリーは“異端の天才”と噂される妻子ある詩人パーシー・シェリー(ダグラス・ブース)と出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せて駆け落ち。やがてメアリーは女の子を出産するが、借金の取り立てから逃げる途中で娘は呆気なく命を落としてしまう。そんななか、失意のメアリーは夫と共に、悪名高い詩人・バイロン卿(トム・スターリッジ)の別荘に滞在。そこで「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた……。

メアリーの総て/MARY SHELLEYオフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/maryshelley/

メアリーの総て/MARY SHELLEY楽天市場で検索


メアリーの総て/MARY SHELLEYをAmazonで検索


メアリーの総て/MARY SHELLEY

配信されているかどうかは、動画配信サービスにより異なり、また、時期により変更されます。
 最新の配信状況はそれぞれの動画配信サービスのサイトでご確認ください。

【U-NEXT】 【Hulu】 【dTV】 【FOD/フジテレビオンデマンド】 【auビデオパス】 【DMM見放題chライト】 【ニコニコ動画】 【dアニメストア】 【TSUTAYA TV】

※動画配信サービス選びに迷っている方、又は観たい映画やドラマ・アニメが
・リンク切れになっている。
・ダウンロードしたい。  
・高画質で鑑賞したい。  
・最新作が鑑賞したい。  

という方は、是非こちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆☆☆ Movieファン ☆☆☆
動画配信サービスをいろいろな内容で比較

をご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト



最新・更新記事サムネイル